カートを見る マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

Audiodesign(オーディオデザイン) バランス対応パワーアンプDCPW-240

DCPW-240はこれまでにオーディオデザイン社が蓄積したノウハウ・技術のすべてを投入した新世代のパワーアンプです。電気特性はもちろんその音質はこれまでに聴いたことにのない領域に到達しています。これまで聴いていたCDがまるで別物のように聴こえます。ベースは単にいい音が聴こえるのではなく弦を弾く様子、ネックを押さえる指の動きがそこに描写される程です。ドラムは地を這うような超低域まで聞こえ今まで聴いたことがない程リアルです。ボーカルがリアルなのはもちろんですが、開けている口の動き・大きさまで感じられる生々しさです。

単なるいい音を超越して、凄い音、想像を超えた音となりました。

Audiodesign(オーディオデザイン) バランス対応パワーアンプDCPW-240

価格:

540,000円 (本体 500,000円)

[ポイント還元 27,000ポイント〜]
購入数:

在庫

オーディオデザイン社の初代パワーアンプDCPW-100は今から9年前の2008年でした。ダンピングファクター1500、SN比130dB という驚異的なスペックもさることながら、その音質にも絶大な支持をいただきました。その5年後の2013年にバランス対応のDCPW-200を発売いたしました。更に4年後の2017年の今年、新たにDCPW-240 を発売いたしました。

■特徴
・これまでに販売したパワーアンプの反響、様々な組み合わせ・環境での音質変化の経験をパワーアンプ設計に活かしています。
・またパワーアンプの電気特性は完成されているようでも、詳細に検討するとまだまだ改善すべきものが見つかります。その部分を本質的に改善することで諸性能を向上させています (・単にオーディオ用の部品、高価な部品を使用して音が良くなったなどという安易な考え方ではありません)。
・例えばパワーアンプのアースは整流時の電流が大きいため、どうしてもリップル成分で汚れてしまいます。本アンプではその心配が一切伝えない独自回路を構成しています。
・配線に関してはどの様な教科書にも書いていない、明確な思想に基づいて唯一と言える方法で結線し、残留ノイズのレベル7uV(A)と群を抜いています。
・パワーアンプの構成は下部にトランス、電解コンデンサを置き、上部に信号回路を配した2階建て構造、妥協の無い音質重視の姿勢の現れです。
・外観デザインは専門のデザイナーの力を借りて仕上げましたので、非常に洗練されています。

■ お客様の声

おすすめ度星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ masayuki 5639様 2018-06-07
DCPW-2400が届いてから一週間あまりになります
シンプルなデザイン、十分なパワーながら、軽量でコンパクトな所、代表の書籍も読ませていただき、思わず衝動買い?をしてしまいました。最初に音を出した印象は定位がしっかりして、音のバランスが良かったです ちなみにステレオとマルチチャンネルの両方で使っています 納品まで二カ月もかかりましたが、待った甲斐があり大変満足しています
おすすめ度星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ makoyan様 2018-01-28
一昨年DCPWー200を購入し大変満足しておりました。しかし新しいアンプが出て、社長のブログよりかなり良くなっていると確信し追加購入いたしました。当方はスピーカー804D3を使用しています。以前のアンプと比較して、まず中音が全面に出て全体のバランスが良くなっています。中高音も音のディテールはさらに詳細に聞こえるようになり、低音も音の余韻が自然に減衰するようになりました。ボリュームを上げても耳に優しくなりました。コンサートの音源ではまるで会場に居るような臨場感があります。そして何より電源スイッチが前面になったことで前向きに設置出来、ビジュアル的にもかなりスッキリしました。コスパも素晴らしく良いので、海外製の高級アンプが売れなくなるのではないでしょうか。

ページトップへ