カートを見る マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

Audiodesign(オーディオデザイン) USB・DAコンバーターDCDAC-180

DCDAC-180は、ES9038ProにディスクリートIVコンバーターと超低ジッタークロックを組み合わせ、音質を極めたDAコンバーターです。
・DACチップにES9038Pro採用
・専用設計のディスクリートIVコンバーター搭載
・超低ジッタークロックを搭載
・リニア式ディスクリート安定化電源+-15V、+5Vを搭載
・バランス出力
・SPDIF(同軸、光)とUSB入力対応
・PCM384kHz、DSD11.2MHz再生対応
・デジタルフィルター5種を選択可能
・オーディオアクセサリー誌にて「銘機賞」/無線と実験誌にて「テクノロジーオブ・ザ・イヤー 優秀賞」受賞

Audiodesign(オーディオデザイン) USB・DAコンバーターDCDAC-180

希望小売価格:
330,000円(税込)
価格:

330,000円 (本体 300,000円)

[ポイント還元 3,300ポイント~]
購入数:

在庫

お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 4.8 (7件)

  DCDAC-180
 
入力(USB) PCM 384kHz / DSD 2.8MHz, 5.6MHz, 11.2MHz
(Mac,Linux/ PCM192kHz, DSD5.6MHzまで)
入力(SPDIF)  SPDIF: 光(96kHz)&同軸(192kHz)
出力 XLR&RCA(3V)

デジタルフィルター切替

(前面ツマミによる切り替え)

1. Slow Roll-Off Minimum Phase

2. Slow Roll-Off Linear Phase

3. Apodizing Roll-Off Linear Phase

4. Fast Roll-Off Linear Phase

5. Fast Roll-Off Minimum Phase

DACチップ ESS社 ES9038Pro
クロック 温度補償型 超低ジッター-170dBc/Hz 水晶発振器
IVコンバーター ディスクリートIVコンバーター
  外観
寸法      230x100x340mm(WxHxD)(突起部含まず)
重量           5.0Kg
付属品         ACコード、USBケーブル


DCDAC-180の製品詳細はこちらの製品ページもご参照ください。

■ お客様の声

おすすめ度星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ MaakunKeio2000様 2021-03-12
中低域が高密度で太く、高域が有機的で大変美しいサウンドのDAC

1、まるでアンプを変えたかのように、スピーカーからの音離れが向上する。
2、音量にかかわらず、音が静かになる。特に小音量時でもエネルギー感が失われない。
3、スピーカーの外側に音が広がると同時にスピーカー中央の密度も高まる。
4、録音の新旧問わず、情報量が向上して実体感が高まる。
5、高域が非常に伸びていて、大変しなやかで厚みがある。

以上を全て満たした安心して聴き続けられる非常に練られたサウンドです。

オーディオ機器は次の通りです。
スピーカー B&W 805d3
パワーアンプ アキュフェーズ Pー7300
プリアンプ アキュフェーズ Cー3850
プレーヤー アキュフェーズ DP-750
電源コンディショナー isotek Sigmas

極めてしなやかで、太く、情報量が多いです。SACDハイブリッドディスクのCD層を、まずDPー750単体で再生、その後、同軸入力DCDAC-180で再生、そしてDPー750単体でSACD層の再生と3パターンを比較してみました。

CD層再生であっても、音の広がり、前後感、中央ボーカルの色彩感、いずれをとってもSACD再生に遜色ない音であることに大変驚きました。CD層からこれほどの高密度でしなやかな音を聴くと「本当にSACDは必要なのか」と深刻に悩んでしまいます。
DP-750単体よりもDCDAC-180同軸接続後はクラシックはホールトーンがきめ細かく再現され、ジャズでは明らかにシンバルに厚みが出てきて、エネルギー感が向上し、スピーカーの上下左右にさらなる広がりと情報量が向上されるばかりでなく、トゲトゲしていた高域がなめらかでしかもエネルギー感があります。

CD再生中にSACDを聴いているのかと何度も錯覚したほど差が僅かです。かなり集中して聴き比べないと違いがほとんど判りません。DCDAC-180のコストパフォーマンスは驚異的です。


次にMac mini(Audirvana ver3.5.44)から付属のUSBケーブルを使い、Bill Evans trio「Explorations」DSDデータを再生しました。

1曲目のピアノ導入部分で今まで聴いたことがない音です。一音ずつに重みがあり圧倒的な実体感があります。ハイハットの微細な響きとベースのボディ感はアナログ的で音の厚みがあり押し出し感も充分です。

今後使い続けてゆけば、まだまだ別の魅力を見つけられそうです。
非常に優れた製品をありがとうございました。
おすすめ度星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 金沢のK様 2021-02-02
・購入に至る経緯
 デジタル音源(CDP or PC) →デジタルイコライザー →デジタルチャンネルディバイダー →DACx2 →マルチチャンネルプリアンプ →パワーアンプx2 →スピーカー という構成でのシステムを長いこと使用してきました。
 その後デジタル処理系をDEQXでまとめた時点で何となく満足してしまっていたのですが……DAC界の栄枯盛衰が著しいので、検証用に導入してから長らく働いてくれたハイCPなDAC(C社DA53)を交換し、最新技術の恩恵に与ってやろうと思いついて導入を決意。

・音質について
 容赦ない機械です。忠実度の高さ故か、何気ない音色の緻密さにゾクッとさせられる一方で、質の悪い録音状態もえげつなく露呈されます。そして改善にはすぐに慣れてしまうため、脳内ハードルが絶賛爆上がり中。名盤は古くても伊達に名盤と言われてない事を痛感しつつ、好きなのに聴くのが辛い音源が増えるジレンマを感じているところです。
 また、CDPからの音に対し、PCからのUSB接続が微妙に冴えない気がしていたところ、ついに無視できなくなりました(笑)
 なお、隣接するウォークインクローゼットの蛍光灯のオンオフで一瞬音が途切れるという症状も観察されるようになりました。もしかして飛び込みノイズでロックが外れるのかな? 精密な分シビアなのかも。
 ……ノイズ流入やジッターへの対策を真面目にやらねば。

・機種選定に際して
 世代を考えると大抵の機種で音質向上が見込めると判断。物理的都合と物欲刺激感に従うことに。設計者の明快な考え方や設計思想に興味をそそられたことや、素性のはっきりした日本製という点も魅力でした。
 最大の決め手となったのは、シンプルな形状とラックに二つ並ぶサイズです。しっかり容積を取った無理のないレイアウトで、妥協のない内容をハーフラックサイズに納めている点に好感。
 あと、トグルスイッチは最高ですね。操作時に筐体がずれないし、手垢がつかないし、何よりかっこよく操作感がたまりません。

・まとめ
 同時期同クラスのDACと比べたわけではないので、それらに対する優位性うんぬんについては言及できませんが……最新機器にふさわしい絶対的なクオリティー向上で余力を引き出し、停滞していたシステムの目指すべき方向と要改善点を示唆してくれたという点で、満足のいく買い物でした。
おすすめ度星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 茶色の猫好き様 2020-11-09
20年選手のTEAC VRDS-50(OPT接続)とLINN AKURATE DS(同軸接続)に使用。一聴して絶句しました。特にVRDS-50の変化は顕著で、音像定位の立体感、空間の広がり感、音の緻密さが段違いです。LINNでも傾向は同じで、一見(一聴?)おとなしい感じになりましたが、良く聴くと余計な音が出ていない感じ(雑味が取れた様な)で、今までうるさくてボリュームを上げれなかったソフトも、ボリュームを上げて聴ける様になりました。
フィルターの切り替えは、マニアックで良いですが、私の駄耳では違いがよくわかりませんでした。外見はシンプルで好感が持てますが、ディスプレイが結構明るくて目立ちます。減光かOFFにできるとよりいいと思います。
総合的に見て素晴らしいコストパフォーマンスの製品だと思います。
社長さんの考え方がブログや著書よりわかりますが、オーディオ業界にありがちなオカルト的な発想ではなく、しっかりとした理論と経験に裏打ちされた開発姿勢に非常に共感を覚えます。

>>この商品の全てのレビューを見る

ページトップへ