カートを見る マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

Audiodesign(オーディオデザイン) RCAピン入出力デュアルラインセレクターHAS-33L/音質劣化の無い最高級品

オーディオ機器の入力と出力両方の信号ラインを切り替えるセレクターです。
RCAピン3系統の入力と、RCAピン出力3系統の両方を、独立に切り替える事ができます。

Audiodesign(オーディオデザイン) RCAピン入出力デュアルラインセレクターHAS-33L/音質劣化の無い最高級品

価格:

61,600円 (本体 56,000円)

[ポイント還元 3,080ポイント~]
購入数:

在庫

お客様の声へのリンク 星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ 4.9 (7件)

■用途
1.入力ソースとプリアンプの切り替えに
CDプレーヤー、チューナーなどの入力ソースを切り替え、複数のプリアンプへ振り分けます。

2.プリアンプとパワーアンプの切り替えに
複数のプリアンプから一つを選び、複数のパワーアンプの1台に振り分けます。
あるいは複数のCDプレーヤー/DACと複数のプリアンプから選択するなどに使用できます。

■特長
・真鍮削り出し金メッキ仕様の入出力端子
・高信頼性・金メッキ接点ロータリースイッチ
・OFC内部配線材を採用
・優れた操作感を生む40Φ大型アルミ削り出しツマミ
・3mmアルミフロントパネル使用の高級感あるケース外観

  デュアルラインセレクターHAS-33L
用途   RCAピン入力と出力両方の独立切り替え用
入出力端子   RCAピンジャック
入出力   入力3系統/出力3系統
スイッチ   セイデン32型金メッキ接点×2
配線   OFC配線材
大きさ(WxHxDcm)
重量
  28x9x22cm
  2.3Kg
付属品   取扱説明書(保証書つき)

製品詳細はこちらの製品ページもご参照ください。

■ お客様の声

おすすめ度星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ Mr.ナイス貝様 2020-01-09
今回購入したのはラインセレクター(HAS-33L)ですが、知人から譲り受けたスピーカーセレクター(HAS-33S Pro)を既に使っておりました
本来、システムの間にセレクターを入れる事にはかなり抵抗がありました
それは音質面での劣化が必ずおこるという認識でいたからです
ところが、スピーカーセレクターを使ってみてところ、音質劣化は全く感じません
驚きました
これは便利だという事で、今回上流側にもラインセレクターを設置しました
これで二台のセレクターを間に挟んだことになりますが、音質面での劣化は全く感じません
二台どころか、二台ともデュアルなので四台のセレクターを挟んでる状態ですね
素晴らしい性能です
私のようにアンプやスピーカーの聴き比べや機器の入れ替えを楽しむ方には持ってこいだと思います
シンプルで分かりやすい操作性と心地良いツマミの感触、高級感のあるデザインで大変気に入っております
私のオーディオ環境ではもうこれは欠かせない存在となりました
一点の要望があります
配線をフルで繋ぐと背面にかなりのケーブルの束ができることからも、本体重量がもっと欲しいですね
ユーザー側で色んな対応策は考えられますが、私は脚を真鍮製の物に交換しソルボセインを貼りつけ動かないようにして使っております

◆ソース側
Pioneer N-70A
Pioneer PD-70
◆アンプ
SANSUI AU-D907XDecade
SANSUI AU-α907LExtra
SANSUI AU-α907Limited
◆スピーカー
JBL 4301
YAMAHA NS-1000M
DIATONE DS-3000

オーディオデザイン社の製品は本物志向で品質への拘り、パーツへの拘りがとても強く感じられます
購入後のアフターもしっかりとお願いしたいところです
おすすめ度星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ Tさん様 2019-07-03
1. 使用用途、切り替え対象機器

二つのプレーヤーと、二つのアンプの切替用。
これまでのAVアンプに加えて、真空管アンプも加えるに当たり、二つのプレーヤーと二つのアンプの接続・切り替えのために購入しました。

Input:
ハードディスクプレーヤー(ソニー HAP-Z1ES)
LPプレーヤー(DENON DP37F)

Output:
AVアンプ(ソニー STR-DN2030)
真空管アンプ(これから購入。現在検討中です)

2. 実際にみた製品の感想

でかい(笑)。本体も、二つのツマミも。

3. 製品の品質・効果について

まだAVアンプへの切り替えにしか使っていませんが、音に違和感ゼロなのはもちろんのこと、スイッチの切り替え時の感触のよさに満足しています。

4. その他

切り替えだけのために○万円!?と最初は思いました。
便利さのために確実に抵抗を加えてしまうセレクターは、ケチると確実に音に影響することを思うと、しっかりとした材質と作りで、合理的な費用対効果だと今では考えています。
「これ以上ない抵抗の少なさ」という精神衛生上の納得感に加えて、従来の切り替え動作(AVアンプの本体スイッチやリモコンボタン)に比べて重厚ながら軽やかなセレクターのツマミの感触の心地よさからの、ゆったりとした気分を味わえているのはうれしいおまけでした。
真空管アンプを買う前に、アンプセレクターもほしいです!
おすすめ度星1つ星1つ星1つ星1つ星1つ トップガン様 2018-12-01
アンプ増設のため、セレクターを探していましたら、たまたま、オーディオデザインのホームページに行き当たり、入力3系統、出力3系統のセレクターがありましたので、購入いたしました。ネットでの購入でしたが、梱包もしっかりしており安心いたしました。

現在、プリメインアンプ(YAMAHA A-2000)にCD,チューナー、DACで使用していましたが、別にプリアンプ(クリスプリアンプ)+パワーアンプ(6L6GCシングル)を増設し、アンプの切り替えをし、楽しんでいます。

出力2系統以上のセレクターはなかなかなく、HAS-33Lはグットでした。

大きさ、重さも、奥行きもかなりあり、安定感があり、RCAピンコードを接続しても、浮き上がることがなく、安定しており、安心して設置できました。

切り替えスイッチも適度な手応え並びに質感があり、オーディオアクセサリーとしてアンプの上に置いても、マッチいたします。

マニア向けにサイドウッドパネルもオプション設定があるといいと思います。

スピーカーセレクタターもVUメーターが付いたものがあったらいいですね。


以上、簡単ではありますが、製品に対する感想と希望です。これからもマニアが欲しがるような製品を開発して下さい。

>>この商品の全てのレビューを見る

ページトップへ