高音質フルバランス・プリアンプDCP-240

価格: ¥330,000 (本体 ¥300,000) ¥495,000 (本体 ¥450,000)
[ポイント還元 3,300ポイント~]
数量:
ボリュームオプション価格在庫購入
VR27型(通常型)¥330,000(本体 ¥300,000)
VR50型(最高級型)¥495,000(本体 ¥450,000)

星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 星1つ 5.0 (8件)

twitter

■最新・最高のフルバランス構成プリアンプ
DCP-240はオーディオデザイン社の最新のノウハウが結集されたフル・バランス構成のプリアンプです。
・アナログ回路を徹底的に追求してできたディスクリート構成のフラットアンプ

・単体でも発売して最も高い評価を得ている高速、低インピーダンス、低ノイズ安定化電源

・実際に使用している際に20dBダイナミックレンジを改善するアンプinファースト構成

・さらに再生システムで重要な低域・高域の量感を調整する帯域バランス調整回路

など独自の分析から生まれた最新かつ最良の設計が盛り込まれたプリアンプです。

プリアンプDCP-240/製品仕様


DCP-240
入出力
入力
XLR4系統 RCA2
出力
XLR2系統 RCA1
音量調節器
通常型:アルプス社27型 /  高級型:アルプス社50型
アンプ
利得
10dB
最大出力電圧
20V
入力インピーダンス
10kΩ
出力インピーダンス
300Ω
歪率
0.0007%(1kHz)@2V
周波数特性
10-500kHz
SN比A
116dB(A)@2V
外観
寸法
440x305x118mm
重量
8.5Kg
付属品
 

 

 

DCP-240 製品詳細

お客様の声

mr.k様 投稿日:2023年07月11日
おすすめ度:
*組み合わせた機器

アキュフェーズdp500、b&w804d4 、オーディオデザインDCPW-240 二台

*実際に見た製品の感想

質感は高級感があり、デザインもシンプルで長く所有していても飽きがこない。
アルプス社のボリューム50型の感触も非常に良い。

*音質について

一音一音を正確に引き出して聴かせてくれ、カラーレーションは非常に少ないと感じた。
いつまでも聴いていたくなる素直な音色であり、音楽に集中できる。

お店からのコメント

この度はご購入いただき誠にありがとうございました。ご満足いただけているようで嬉しい限りです。今後ともよろしくお願い致します。

ちかすけ様 投稿日:2023年06月10日
おすすめ度:
ネットワークオーディオメインでシステム構成しJAZZなど中心に楽しんでいます。構成はエディスクリエーションファイバーBOX→エディスクリエーション サイレントハブ→ミュージックPCハイドン→pro i dsd→DCP240→DCPW240(2台バイアンプ駆動)→B&W805D4といった構成です。
 以前使用していたプリアンプはifi pro i can でDCP240への乗り換えとなります。
 DCP240については御社HPの書き込みを拝見したり
雑誌の批評など拝見し、その評判の高さにワクワクしながら到着をまっていました。
 外観上の印象は、以前がifi audioのコンパクトなプリアンプ使用していたことから、非常にボリューム感のある外観に感じました。シンプルで飽きのこないデザインで満足しています。ボリュームの感触も重厚感があり回し心地にも満足しています。
 肝心の音質ですが、以前使用していたpro ican も筐体こそコンパクトでありながらプリアンプとしての機能、音質の高さには定評ありましたが、DCP240に切り替えての感想を一言で表現すると「すべてにおいて凌駕した」という言葉に尽きます。
 出音のクリアネスさ、全域に於いての音の伸びやかさはベールを2~3枚剥ぎ取ったと感じる程明瞭で、低音は強く前に出てくるものの決してブーミーにならず、よりグルーブ感が高まって聞いていて楽しいという印象。中高音も音の厚みが増しただけでなく、出音ひとつひとつの粒子が細かく、より繊細に、より明瞭に伝わってくるといった印象で文句のつけようがありません。
 これが50万円以下で手に入るだなんて言葉になりません。
 どうやらDCP240とは長い付き合いになると思います。
メンテナンスの際は是非ともよろしくお願いします。

お店からのコメント

この度は製品をご購入いただきまして誠にありがとうございました。
いままで使用していたプリアンプに比べて「すべてにおいて凌駕した」とのことで、
大変嬉しく思います。
(いままでご使用のプリも結構なお値段だったのですね・・・)
おっしゃる通り、クリアで高解像度、そして低音の出方も変わるのが、当社プリアンプの特徴です。
今後とも末永くお付き合いのほど、よろしくお願いいたします。

Beethoven様 投稿日:2022年12月11日
おすすめ度:
1.購入経緯
カナダ・Paradigm社のスピーカー「PERSONA 3F」を購入したことを機に、セパレートアンプへの移行を決意。

PERSONAは音の透明感が高く、自身のキャラクターを前面に押し出すスピーカーではないので、組み合わせるアンプも個性的な色合いの音より、色付けが少なくてソースを忠実に再現してくれるものがよいと考えました。

パワーアンプはヤマハの「M-5000」に決め、せっかくセパレートにするので、プリアンプはヤマハ以外のメーカーを検討。そこで御社の「DCP-240」が浮上しました。

雑誌レビューで「色付けのないストレートなサウンド」「高S/Nでさっぱりとして澄んだ美しい音」「存在しないのと同じに近い」などの評があること、M-5000に負けない高品位な音質でありながら費用を50万円以下に抑えられること、そして日本の中小企業を応援したいと考えていたこと、などが決め手となり、購入を決意しました。

2.使用してみての感想
実際に使ってみて感じるのは、評判通りの高い実力です。
S/Nや解像度は申し分なく、ソースの録音の良し悪しまでありのままに伝えられる高い表現力に大変満足しております。
これでお値段が50万円を切るのは、お買い得だと感じます。

唯一の不満点は、電源スイッチです。
今まで使っていたマランツ「PM-10」とほぼ同じボタンなのですが、マランツは押し込むと「カチッ」という音がして止まるのに対し、DCP-240は「スゥー」と奥に入るだけなので、どこまで押せばいいのかわからず戸惑いました。
押し込みが足らずに戻ってきてしまい、ボタンを押し直すことがこのひと月足らずで何度かあります。
この点は改善していただければ幸いです。

3.まとめ
一聴して聞き手を驚かせるような派手さはないかもしれませんが、素材の味を繊細に引き出したいというユーザーにとっては、隠れた実力派と評価してよいプリアンプだと思います。
私自身は良い買い物ができたと喜んでいます。

お店からのコメント

この度は弊社プリアンプをご購入いただき誠にありがとうございます。
また丁寧なレビューを頂戴し、重ねて御礼申し上げます。
音質も気に入っていただけたようで、製作者としても嬉しく思います。
パワースイッチは確かにストロークが長く、その質感については他の方からも改善の要望を頂戴しております。
すぐに改善することはむづかしいのですが、長期的に改善すべき課題と認識しております。
今後ともよろしくお...>>続きをみる願いいたします。>>閉じる

もっと見る

ページトップへ